3月11日。

3月11日、さまざまな思いで、皆様過ごされたことと、お察し申し上げます。

まあ、しかし、そのことについては、私も1年たってですね、次第に落ち着いてまいりますと、本当にそのことの重大さに、逆に書けなくなってくるといいますか。

そんな中、ひっそりと、37歳を迎えさせていただきました。

皆様からの温かいメッセージ。
本当に多数のメッセージをいただき、ありがとうございました。
自分としてもですね、3月11日は、なんといいますか、今年の3月11日は穏やかに過ごせますようにと願いながら仕事をしておりまして、帰ったら、皆様からの温かいメッセージに癒されたわけでございます。

仕事といいましても、その日はボランティア活動でございまして。
なんと、その仕事の最中に、福島県いわき市の学校に、音楽の講師ボランティアとしてご指導なさり、全国大会までその学校を導かれました、神奈川フィルハーモニーの主席打楽器奏者、平尾伸幸先生の御話を伺ったわけでございます。
そのお話は、いずれ書く時がくると思いますが、私の中では怒りと悲しみの入り混じった複雑な感情にさいなまれ、ひそかに泣くしかございませんでした。
久し振りの、真剣な男泣きでございました。
一遍には書けませんのでちっとずつ書いていこうと思います。

2時46分。私は歯医者さんで歯を削られながら、激痛の中、黙とうを捧げました。
しかたがなかったのであります・・・。
しかしながら、今こうして痛みを感じているのは、生きている証拠なのだとも思いました。

そんなわけで、実に穏やかな(?)誕生日は過ぎていったわけでございます。 

昨日ですかね、フジテレビの「最後から2番目の恋」を見ておりましたところ、中井さんが劇中で、こんなセリフを。

「誕生日にはね、2つの意味があるんですよ。1つはもちろん、産まれてきておめでとう。そしてもう一つは、今無事で生きてますよ!ってことなんですよ。(中略)誕生日ケーキに、数字で46とかいうローソクを立てたり、大きいのを10と数えたりなんてこと、私はしたくありません。このローソク1本1本が、あなたの一生懸命歩いてきた人生なんです。あなた、これだけ頑張ってきたんですよ!なので、もう、誕生日おめでとうって年でもないですから!なんておっしゃる方がいらっしますが、それはおかしいんです。誕生日は、いくつになっても、誕生日なんですよ!おめでたいんです!!」

この言葉がすべてだったかな、と思います。
同時に、3月11日に産まれ、あの日を複雑な気持ちで迎えられた、同じ日生まれの皆様にも、この言葉を捧げ、私の答辞とさせていただきます。

皆様本当にありがとう。

私は今、力強く生きております!

コメントを残す

shop

創業70周年を迎える、皆様とともに歩む花屋です。お花を販売させていただく際には、お客様とのコミュニケーションを大切にしており・・・すぐにおまけしちゃいます! 毎月第4土曜日には、ベルロードつるみドット来い!!もちろん当店も、お買い得な旬の花々を取り揃えての、ワゴンセールを展開中です。是非とも遊びに来てくださいね!!

[TEL] 045-511-2464
[FAX] 045-511-2464
[営業時間] 10:00~19:00
[定休日] 日曜(行事営業)、正月5日間休

横浜市鶴見区鶴見中央4-2-4
京急鶴見駅東口を出てすぐの商店街、ベルロードつるみの真ん中にございます。横浜方面に歩いて1分。ソフトバンクの向かい側です。