先ず隗より始めよ。

良く、エコとエゴは紙一重、などと申しまして。
最近ではCO2排出量削減、ですとか、地球温暖化防止、ですとか、皆さんも日常茶飯事、耳にしていたり、目にしていたり、なさいますよね??
当店でも、環境対策として、配達時における低公害車の導入、省燃費運転の実施、渋滞情報表示付きカーナビの導入(すいた道を選択できれば、省燃費運転につながります)、自転車や台車で配達する範囲の拡大、店内照明のハロゲン球を廃止し、蛍光灯照明に切り替え消費電力を抑える、などの工夫をしてまいりました。

最初は大変でしたけど、なれるとこれは、なかなか気持の良いものです。
さらに、自分のエゴにも気づかされましたね。
エコについては、私もまだまだ勉強中なんですけど、最近始めた第2段階は、このエコバックですね。今更で恥ずかしいんですけど。。。

エコバッグ

このエコバッグは、保土ヶ谷の商店街仲間が作ったエコバッグです。
先週の土曜日、プレゼントしてもらいました。
実は、このほかにも、エコバッグは5種類ぐらい持ってます。

レジ袋の削減は、環境を守る活動の一環であります。
当店でも、正直言って減らしたいのは、レジバックです。
原油高で値段もどんどん上がっています。
だから減らしたい、という訳じゃありませんが。。。
しかしながら、なかなかそうは行きませんよね。お客様に、苗物を手で持ってお帰りください、とは申せませんし、花をくるむ紙だって、再生紙ではすぐに破れてしまう。
でも、なんとなく、「ああ。あの苗をれた袋は、ゴミ箱に入っちゃうのかなあ」なんて考えてしまいます。
もし、次回ご来店の際、前回苗をお持ち帰りいただいた袋をお持ちいただいたとしたら・・・どんなに環境に優しいだろう。

やっぱりこれって、当店の「エゴ」なんでしょうか。
結局は、経費を削減したいだけなんじゃないか、って。

う~ん。。。確かにそうかもしれません(笑)。
でも私は、他のお店でレジ袋をお断りし、エコバックに商品を入れることが、とっても気持のいいことだった、ということに、自分自身だんだんと気づかされているのです。
実際、ごみも減りますよ。
今までは、貰ったレジ袋にごみなんか「詰め放題」だったんですが・・・このレジ袋がないとなると、不思議と、ごみを出さないようにしよう、という心理が働くのです。

でも、花屋にとってのエコバックが、はたしてベストかというと、それは疑問かもしれません。
なぜかというと、たとえば苗の土が濡れている場合、布製だったりしますと、汚れがしみて汚くなり、かえって洗濯などご面倒をおかけする場合がありますよね。
あまり汚れますと、捨てられてしまうかも。
だったら、素材を工夫しよう。ビニールでコーティングするとか。
でも、そうなると、既存ののエコバックでは十分な性能ではないし・・・折りたたんでコンパクトに携帯できなければ、花屋のエコバックは役立たないでしょう。
どうしたって、日用品など、かさばる物をお買い求めになって、お花をお買い求めになる方が、当店の場合圧倒的ですからね。

どんなエコバックが果たしてエコなのか、エコバックをお客様にオススメすることが、エゴにはならないか。

このことをもう少し考えたく、私は今日もエコバッグを持って買物に出かけます。
あなたとハッピーエコバッグ

↑あ。これは昨日の続きで、ニッポン放送からいただいたエコバッグです。
毎日活躍していますよ~。

“先ず隗より始めよ。” へのコメント [4件]

  1. みっちゃん

    私も、エコとエゴ・表裏・なの?と思ったりする日々あります。

    資本主義だから仕方がないのか?とかっ、たまに考えますが、疑問を考えることの方が正しいと思い、まずは自分を応援したりしてます。

    自分が考えるエコに近づくと良いなと、ブームに囚われないように頑張りましょう!

  2. b

    海戸園さん
    ポチンみっつです、アメーバじゃなかたっけ
     
    あまり買い物に行くことはないですが、
    まず自分から
    トライします

コメントを残す

shop

創業70周年を迎える、皆様とともに歩む花屋です。お花を販売させていただく際には、お客様とのコミュニケーションを大切にしており・・・すぐにおまけしちゃいます! 毎月第4土曜日には、ベルロードつるみドット来い!!もちろん当店も、お買い得な旬の花々を取り揃えての、ワゴンセールを展開中です。是非とも遊びに来てくださいね!!

[TEL] 045-511-2464
[FAX] 045-511-2464
[営業時間] 10:00~19:00
[定休日] 日曜(行事営業)、正月5日間休

横浜市鶴見区鶴見中央4-2-4
京急鶴見駅東口を出てすぐの商店街、ベルロードつるみの真ん中にございます。横浜方面に歩いて1分。ソフトバンクの向かい側です。